軽度の歯周病と胃の不調が原因だった口臭

軽度の歯周病と胃の不調が原因だった口臭

数年前から、自分でもわかるくらい口から口臭がするようになりました。
特に朝起きたときの口臭がひどかったです。

朝、口のなかがネバネバしたような気持ち悪さがあり、起きてすぐに歯磨きをしないと人と会話できないほどの臭いでした。
日中は空腹時に臭っているのが自分でわかります。

朝の臭いとはまた違いますが、仕事をしていても人と話すのはつらくて、会話をするときに、近くに顔を寄せられなかったり、手を口にあてて話したり、マスクをしたりして、人に気づかれないように努力していました。

このままでは、仕事に支障がでるし、恋人もできないと危機感を感じ、まずは歯医者さんに行くことにしました。
歯医者さんでまず指摘されたのは軽度ですが歯周病になっているということです。

歯を噛み締めたときに歯周病の臭いがしたこと、そして歯磨きの際に血がでることがたびたびあったで歯周病が原因だったんだとその時に気づきました。
さっそく治療をはじめ、3ヶ月ほどでよくなりました。

歯周病がよくなると驚くほど口臭が減りました。
歯磨き粉も歯周病対策のものに変え、今でも半年に一度定期検診と口腔内のお掃除に病院に通っています。

もう一つ口臭の原因となっていたことですが、それは胃の不調でした。
胃が弱くて、頻繁に胃炎になっていたので、胃腸科へ行き、胃カメラを飲んで、逆流性食道炎と胃炎をお薬で治しました。

口臭の原因はネットで調べればこのようにいろいろ出てきますが(参考:口が臭い女.jp
私の場合は見事に2つの原因が当てはまっていたわけです。

その結果、空腹時の嫌な口臭がなくなりました。
人と話すときに今では近くでも堂々とはなせるので病院にいって治してよかったです。

ちくちくすると、言われてしまった

私は、もともとは毛が薄い方だと思っていました。

カミソリで自己処理はこまめにしていましたが、もともと乾燥肌なのもあり、あまり頻繁に剃りすぎると、痒くなってしまいます。
ブツブツになってしまうことも多々ありました。
ちょうどこんな感じですね→ひざ下ブツブツ.com

白く粉も吹いてしまう為、1週間に1回程度で剃るようにしていました。

しかし、やはり男性は肌状態よりも、そこにある 毛 が気になる様子。

前日に剃ったつもりで彼に会ったのですが、触ったとたん

ちくちくする、、、

との事。

よく見るとふくらはぎら辺に剃り残しがありました。

とても恥ずかしくなり。そのあとはこまめに剃るようにしました。

お金に余裕が出来てからは、脱毛サロンに通うようにして、処理をしています。

しかし、そんなにすぐ無くなる訳でもないので、やはり彼と会う前には剃っていかないといけません。

毛が生えてしまうのはどうしてもしょうがない事です。

そこにある毛を気にするより、私自身の弱い肌を心配してくれればいいのに、、、と心の中で思ってしまう私はひねくれた女なのでしょうか?

ただの産毛にここまで悩まされたのも初めてでした。

とにかく、このまま定期的に脱毛サロンに通い続けて、はやく産毛が無くなってくれる事を待つしか今は方法がありません。

それまでは、自己処理と両方で頑張っています。

一階道路沿いの角部屋アパート暮らし

元々は祖母が亡くなってしまい親が荷物置きとして借りていたアパートです。
暮らす事は考えていなかったのでワンルームのユニットバスです。
そして一階の道路沿いです。
ちなみに窓を開けると物干しスペースがあり目の前は駐車場です。

新しく部屋を借りるのにはお金がかかるので荷物の整理が終わった頃アパートに転がり込みました。

1週間ほどで様々な不便さを感じました。

まずは靴の収納です。
下駄箱はなく設置するスペースも限られていて小さくて高さのある棚を探すのに苦労しました。
部屋にある収納スペースは押し入れとキッチンの下にある棚だけです。
この際なのであまり使わない物は全部捨ててしまえと思い断捨離しました。

次にキッチンです。
備え付けのコンロはなく置けるのも一口コンロぐらいのスペースしかなく料理に時間がかかります。
シンクも狭いのでまな板やフライパンを洗う際に苦労します。
作業するスペースもないので収納棚を設置しその上で作業をしています。
狭いところで包丁を使うためかぼちゃを切っている際にまな板が滑り手を切ったこともあります。
大きいサイズのまな板から台に収まるまな板に変更し包丁もプラスチック製のものに買い換えました。

何より不便さを感じているのは洗濯です。
何度も言いますが一階で道路沿いで目の前が駐車場なのでとてもじゃないけど外には干せません。
常に部屋干しです。
ただでさえ狭い部屋なのに中に干すと圧迫感があるし生乾きになってしまったこともあります。
部屋干し用の洗剤に変えてエアコンの風があたる位置に干すようにしています。

不便なのは私の家事が苦手なのもあるのかなと思って、一度プロの手際を見てみるために家事代行を頼んでみました。
地元の家事代行をこのサイト(家事代行国分寺市.com)から探して。
少し質問もさせてもらったのですが、やっぱり参考になる点は多かったですね。

不便なことは他にもたくさんありますがその都度改善方法を考えながら生活しています。
狭い部屋ですが収納を工夫したり対策を考えたりしているうちに今ではなぜか愛着がわいてきています。
もうすぐ2年ですが引っ越さず更新しようと思います。

読書は秋だけではなく生活の中で常に親しむ

これまで読書をしたいと思っていても他にやらなければならないことがあってできないと思ってました。

でも、それは思い過ごしで本を読もう決めれば時間をやりくりして読む時間をとることができるようになりました。

読書をする時間がないというのは言い訳であって、自分の弱い心の現れであると気づいたわけです。

本来、本は好きなので本屋へ行けば必ず何冊か買ってました。

買ってはみたもののそのまま本箱行きで手つかずの本が100冊以上あることにやっと気づいて、少しづつでも読んでいこうと決めました。

そして、読み終わったら手元にいつまでも残しておかないで売って、空いたスペースにまた新しい本を買うことにしたのです。

読まない本に埋もれていても仕方ないから。
今は集荷買取もすぐ来てくれるみたいだしね→http://xn--79q28br7sqdp97a61bj82j.com

ジャンルは様々で小説、エッセイ、HOW TOもの、スピリチュアル、etc.

読む時間は決めていませんが、ゲームをしていた時間を読書の時間に充てるようにしたら、意外と時間ってあるんだと思いました。

ゲームから得られるものはないけど、本からは限りなく得られるものがあるんです。

日本語なのに意味がわかってない言葉にも出会いますし、辞書を引いたりして知識も広がります。

小説など読んでいると様々な人が世の中にはいるし、考え方も多様だということにも気づくし、自分自身の考え方や行動も振り返るきっかけにもなりました。

今後の人生でどれだけの本と触れ合えるのかわかりませんが、本とかかわりあう時間は必要だと実感してます。

いろんな人がいて当然

左・右・真ん中。

いろんな考え方の人がいて当然ですね。

でも、どの道を選んでも完璧ということはなく、長所があれば短所もあるわけです。

なのに、お互いに争い合う姿がよく見られます。

単純に考え方の上で今起きていることへの向き・不向きを論ずるだけならばいいのですが、
どうしても、文字だけの世界の中だとエスカレートするのでしょう、
怒るために怒っているようにしか見えない場面に出くわすことも少なくありません。

しかし、現実問題として隣人とは考え方が異なっていても(同一である場合の方が稀ですが)共存をしていかないといけないのです。

リアルの世界ではお互いに曖昧なマージン領域を触れ合わせて、なんとか共存していきますが、文字だけの世界になるとこのマージンが取り払われてしまうのでしょうか。

人が文字だけで意思疎通できるようになるには、まだまだ時間がかかるのかもしれませんね。